CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

Bruce Sprinsteenのライブアルバム。これレコードで1万円してましたっけねえ。
MOBILE
qrcode
<< People get ready | main | BBCの力 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「People get ready」の付け加え
すごいサイトからトラックバックをいただきました。どうもありがとうございます。紹介のされ方が反対運動に関連したものでしたので、アメリカでの運動(運動というとちょっと仰々しいイメージがあるかもしれません)について、私が感じたことを書いておきます。なお、なるべく事実に忠実に書いているつもりですが、英語力等の問題で間違ったことを書いている可能性もあります。そういう箇所がありましたらご指摘ください。

全体を通していえることは、アメリカのやり方と日本のやり方はものすごくよく似ていました。アメリカでは「Save Internet Radio」というサイトが立ち上がり、情報提供、情報交換の場として機能していました。

そしてメールやファックスを使っての活動もよく似ていました。アメリカでも「ファックスを使ったほうが効果的!」という声が多かったです。郵便番号を入れればその土地の議員の名前等がわかるサイトを作ったり、ボタンを押すだけで抗議文が議会などにファックスされるサイトも出来ていました。日本では「ファックスはなるべく手書きで、自分の言葉で」という動きが出ていましたね。私はこの点は日本のほうが質的に優れていると感じました。

アメリカのほうの活動も一喜一憂でした。使用料案がいったん否決されたら喜び、再提出された使用料案がロクでもないものだとわかったら抗議活動を再開し、使用料案が可決されたら落ち込み、それでも望みをつないで「多くの人にこの問題を知ってもらうよう」「多くの人にメールやファックスを送ってもらうよう」に活動していました。やり方をめぐっては色々議論されていましたが、基本はこの二つ。「アメリカでは何か秘策はありましたか」というメールをいただきましたが、何も無かったように見えました。王道に優る道はないということなのかもしれません。

「使用料に歩合制を盛り込む法案」には小規模のネットラジオ局に配慮し、支払期限を6ヶ月先延ばしにするというような項目も入っていたそうです。この法案を提出したJames Sensenbrennerという人は共和党で、「ファイル交換は基本的に違法であり、阻止しなければならない」と発言しているような人です。この人の主張はかなり強硬的ですが、しかし筋は通っています。違法なダウンローディングは規制、ストリーミングは多くの人が使えるきちんとした制度を作って守る、この態度は全米レコード協会(RIAA)からすればちょっと微妙です。RIAAは規制には当然賛成ですが、この歩合制には反対していました。歩合制を認めると使用料収入が定額制よりも少なくなってしまうからです。James Sensenbrennerからしてみれば、「規制規制でみんなを怒らせているだろうから点数稼ぎをしておこうか」というような意図があったのかもしれませんが、全体のバランスを見てなるべくフェアにやろうとする態度は今回の日本の対応とはちょっと違いがあるかなあという気がします。ただ「フェア」に出来なかったのではないかというところが笹山登生さんの掲示板などでも議論されていますね。

もう「次の動き」が具体化してきているようですね。速い速い。私は頭の中を整理中です。著作権法の基礎知識や「知的財産戦略」などなどなど、理解しておかなければならないことが山のようにあります。他人に説明する時に、自分がこの問題をきちんとわかっていないと説得力がないですから。
| 著作権 | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
コメント
Good site and good blog.Thanks
| OnlineSlot | 2006/03/17 11:00 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kbng.jugem.cc/trackback/10
トラックバック