CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

Bruce Sprinsteenのライブアルバム。これレコードで1万円してましたっけねえ。
MOBILE
qrcode
<< ジョジョカ、そしてブライトンロック | main | お元気ですかー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
公取委、CDとDVDのセットに「再販価格」はダメ
公取委、CDとDVDのセットに「再販価格」はダメ(NIKKEI NET)

再販価格の対象になるCDとならないDVDをセット販売する際には再販をやってはならないというお話。「音楽文化を守るため」の再販なんだからということでしょうか。

この話の伏線になるのが、先日公取委から発表された「第4回著作物再販協議会について」(pdf)という資料です。この資料については造反有理の「再販制度を補強する「レコード輸入権」」で詳しく述べられているのでそちらをご参照ください。

こういう資料は読んでいてつまらないものが多いのですが、これは結構面白いです。特に8ページあたりのTシャツの話から再販の是非論につながり、さながら口喧嘩の様相を呈してくる討議は、この問題の奥の深さを感じさせて興味深いです。

この資料で述べられている「安いTシャツを高く売るためにCDとくっつけて売る」というたとえ話は結構すごいですね。さすがにそれをレコード業界がやることはないだろうと思います。ですが、「日本の消費者は贅沢なものを好む(でしたっけ)」ために、あんなものやこんなものまでセットにされて高い値段で出すのは、やり過ぎと言われても仕方ないでしょう。ちょっと話がそれますが、同じCDのジャケット違いを何種類も出すというやりかたも、音楽を売っているのかジャケットを売っているのかよくわからないですね。

レコード業界への風当たりは、その多くが誤解に基づいているからではなく、「音楽文化を守る」という理由で様々な保護を受けているにもかかわらず、そのシステムにあぐらをかいてやりたい放題なことをやっているように見えることが原因なんだと思います。日本レコード協会はこの要請を受けて、再販価格の表示をしている一部のメーカーにどのような態度を取るのか見ものですね。それとも「CDとDVDのセットも再販」なんて言うのでしょうか。

追記:SMEは10月から、DVD付きCDを再販の対象外とするそうです。
| 著作権 | 00:41 | comments(1) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 00:41 | - | - |
コメント
Good site and good blog.Thanks
| OnlineSlot | 2006/03/17 11:01 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kbng.jugem.cc/trackback/16
トラックバック
「e-book情報商材再販入門」
情報商材再販により、あなたのアフィリ収入が400%UPすると (#^.^#) 情報商材再販方法の実際から収入安定化までの実践方法を公開されてます。 e-book情報商材再販入門 スグに実...
| e-book情報商材再販入門は低価格3800円!しかし嬉しい機能 | 2007/03/12 9:58 PM |
barcode formats
公取委、CDとDVDのセットに「再販価格」はダメ
| barcode formats | 2007/03/24 11:45 AM |
kasynie jak grać w
kasynie jak grać w
| asynie jak grać grxt | 2010/05/26 10:11 PM |